【初心者釣りガール】彼から釣りに誘われた!? ~準備・服装・心構え~

 

初めて釣りに出かけることになった女性の皆さん。

釣りが趣味の彼がいる場合、「いっしょにバス釣りに行こうよ\(^^)/」なーんて誘われることもありますよね。

 

彼は簡単に誘うけど、

何を着ていけばいいの?

何を持っていけばいいの?

女性はバス釣りのことなんてなんにも分からないから、出かける前の準備って意外とタイヘン!

 

初めてだから準備にあまりお金もかけたくないし、でもどうせ釣りに行くなら彼と一緒に楽しみたい。

 

どんな準備と心構えで釣りに行ったら良いの?

そんな疑問にお答えすべく、私の体験談も交えてご紹介したいと思います。

 f:id:tsuribass:20180523212625j:plain 

 

~準備~

 

①服装

・長袖、長ズボン(ケガ防止)
・靴下、歩きやすい靴(ケガ防止)
・帽子(日焼け・寒さ対策)
・偏光サングラス(魚を見やすく・日焼け対策)

 

まずは一番重要な服装ですが、基本的に釣り場って冬は極寒だし夏は日差しが強くて日陰ナシが当たり前。なので、長袖は必須です。

 

私の場合、

夏はロンT+半袖Tシャツの重ね着

冬はヒートテック2枚重ね+厚手ニット+厚手パーカー+スノボウェア

を着てます。

なんだか文字で書くとやり過ぎなんじゃ…と思うかもしれませんが、そのくらいの準備は絶対に必要です。

寒いとテンションだだ下がりで彼とケンカに、なんてことにもなりかねませんよ。

f:id:tsuribass:20180524112359j:plain

↑極寒すぎた日の私( ;∀;)

「可愛いファッションがいい♪」なんて言ってられないほど寒いので着ぶくれダルマ状態です。

キャップの上に彼から借りた釣り用のニット帽までかぶらされました。笑

 

長ズボンも必須です。

釣り場は基本的に足場が悪くて、草木が生い茂る山・川・湖畔を歩くこともしばしば。生足でハーフパンツだと、ケガをしてしまうこともあります。

ハーフパンツやスカートを履く場合は下にロングスパッツを重ねるなど、必ずフルレングスのものを履くようにしましょうね。

 

ケガ防止のためには靴下も必須。

素足にサンダルは釣り場には向きません。先ほども書いたように釣り場は基本的に足場が悪い山・川・湖畔を歩きまくるんです。

はスニーカーやアウトドア用のサンダル、サイズがぴったりならクロックスでも構いません。

クロックス型のサンダルは今100均でも購入できるので、歩きやすい靴を持っていない場合はチェックしてみて下さい☆


日焼け対策に帽子もかぶりましょう。

キャップ・バケットハット・ニット帽など、お気に入りのものでOKです。

ただし、夏も冬も強い日差しが照りつけるので、帽子が日焼けして色あせしまう可能性もあります。帽子の色あせは絶対に嫌だ!という場合は違う帽子を準備しておきましょう。

 

 

偏光サングラスもあると良いですね。

偏光サングラスとは、水面がキラキラして見にくいのを防ぎ魚を目視で確認しやすくする便利なサングラスのこと。UVカットのものを使えば紫外線から目を守ることもできます。

ただ、偏光サングラスって意外と値が張るんです…。もし彼が持っている場合は借りちゃいましょう。

 

②持ち物

・ウエストポーチ(軽量)
・手袋(寒さ対策)
・タオル、ウェットティッシュ(汚れ対策)
・日焼け止め(日焼け対策)

 

まずバッグはとにかく軽量で背負うタイプにしましょう。釣りをするときにハンドバッグなんて持っていると、釣りになりません。

エストポーチやボディバッグ、リュックなどがいいですね。

 

 

冬は手袋があるといいです。

ただ、指が出ないタイプの手袋だと釣りのときの細かい作業に不向きなので、指が出るタイプの手袋がいいでしょう。

釣り専用の手袋も販売されていますが、100均の手袋を購入して指の先端部分をハサミで切ってもOKです。

 

ウェットティッシュも持っていくと便利です。

釣りでは土や魚に触ったりと、汚れることが多いので事前に準備していくといいですよ。

汗もかくのでタオルも準備しましょう。彼の分も用意してあげて、さりげなく貸してあげてもいいですね。

 

 

日焼け止めは必ず持っていきましょう。

釣りは早朝から長丁場になることがほとんどです。夏も冬も女性の大敵の紫外線が釣り場には大量に降り注ぎます。

日焼け止めの効果ってせいぜい3時間程度しかないそうなので(皮膚科医から言われました)持参してこまめに塗るといいですよ。

釣りが好きな私の彼は、

f:id:tsuribass:20180524190009j:plain

と言って日焼け止めは塗らないのですが、女性にとっては魚より日焼け対策の方が大事です。

どんどん塗りましょう!笑

 

服装と持ち物は、ここまで網羅しておけばOKです。

釣竿などの道具類は、バス釣りに誘ってくれた彼に任せちゃいましょう。

 

ちなみに私が初めて釣りに行ったときは、こんな感じでした。

f:id:tsuribass:20180523202924j:plain

彼から「B系みたいでなんか嫌だ」と言われたものです(TT)たしかに可愛くはないですね。笑

 

あとは彼から釣り用の日焼け対策のマスクを借りたこともあります。

f:id:tsuribass:20180523203834j:plain

朝が苦手な私はすっぴんで釣りに行くことがほとんどなので、すっぴん隠しにもちょうどいいです。

 

 

~心構え~

 

◆トイレ

トイレまず第一に皆さんに言いたいのは、釣り場にはトイレがないということ。

トイレ問題は意外とシビアです。男性はそこらへんでトイレを済ませられますが、女性はそうはいきません。ボートに乗って釣りをする場合なんて行き場がない。

また、いったん釣りを開始してからトイレに戻るのはけっこうな労力と時間のロス。魚が釣れる絶好のチャンスを逃してしまうかもしれません。綿密な計算をしながら釣りをしている釣り好きな彼の機嫌を損ねてしまうことも!

釣り場の近くにあるトイレは事前にチェックして、釣りを始める前にはしっかりとトイレを済ませておきましょうね。

 

◆道具の扱い方

それと、彼が貸してくれた釣り道具は大切に扱うこと。

釣りの道具ってとても繊細で、少しキズが付いただけで使えなくなってしまうことも。しかもどれをとっても高価なものが多いんです。

赤ちゃんを扱う感覚で、やさしく丁寧に扱ってあげてください。使い方が分からなかったら彼にどんどん聞きましょう。

 

◆大きな声はNG 

大きな声を出すこともNGです。

魚が逃げてしまいますし、周りの釣り人にとっても迷惑となります。釣りって私たちが思っている以上に本当に繊細なスポーツなので、静かに彼との時間を楽しみましょう。

 

◆防寒・日焼け対策

それから私が特に一番大事と思っているのは、さっきからずっと書いてますが冬の防寒・夏の日焼け対策!!

ほんと、これに尽きると思います。寒いとテンション下がりますし、日焼けするとのちのちまで響きます。

出掛けるときはそんなでもなかったのに、釣り場に着いたら極寒(または猛暑)ってことがよくあります。釣り場は山の中にあることがほとんどなので仕方ないですよね。

よーく心構えをしておいてください。

 

そこさえばっちりにして釣りに向かえば、あとは釣り好きの彼がやさしくサポートしてくれることと思います♪

 

 それでは彼との初めての釣り、楽しんできて下さいね♡♡